\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

メルセデス・ベンツ 280SE3.5クーペ

Information

年式:1970年
色:ガンメタリック
内装:バンブーレザー
走行:不明
検査:車検2年付
パワーウインドウ、クーラー、パワーステアリング、4速コラムAT、V8/3.5Lエンジン

・Price  商談中

Description

メルセデス・ベンツ280SE3.5クーペが入庫致しました。

 1960年代に於けるメルセデスの代表的な高級パーソナルクーペであるW111型には、様々なタイプのエンジンを搭載されました。その中でも1969年に登場した3.5クーペと呼ばれるモデルは、主に北米マーケットのニーズに応えたもので、シリーズ最大の3.5L・V8/M116型エンジンを搭載し、その走りも一段とパワフルになったモデルです。4年間で3270台あまりしか生産されておらず、いまや貴重なクラッシックメルセデスの一つと言えます。

 当時、この3.5クーペのような非常に高価なクーペを新車で購入できたのは、ほんの一握りの恵まれたオーナー達だけでした。日本でもバブル期になるとアメリカより並行輸入された車が多く、現在国内で見かける3.5クーペの多くは北米仕様のものが大半を占めています。当車両も平成5年にアメリカより日本に輸入された1台で、ご覧の通りコンディションは上々のクルマです。

 外装はボディ-がガンメタリックに、ルーフがアイボリーと言う組み合わせ。オーナーの好みでこの配色となったのでしょうが、少しアメリカンティストを感じられる、私個人的には好きなコンビネーション。
 この辺は好みの別れる部分でしょうが、W111自体が50年代のアメリカ車のデザインがモチーフと思われますから、こんな組み合わせも似合うのだと思います。デザインを担当したのは当時のメルセデスのチーフデザイナー、ポール・ブラック。フランス人である彼がデザインした1960年代から70年初頭のメルセデスのスタイルは今もって多くの人を惹きつけています。

 ボディーの塗装も良好に維持されており、メッキ部分も全てリクロームされており大変良好な状態を保っています。インテリアはシートはオリジナルの革(非常に高価)を使用して、ウッド類も全て一度リペアされているようです。パワーウインドー/ステアリングが装備されており、ステアリングはアイボリーの新品を装備。当然クーラーも装着されています。従って極めて快適に全く現代車と同等のレベルのドライブが可能となっています。

 最近は状態の良い3.5クーペ/カブリオレは少なくなっているようです。というか、3.5クーペ自体が総生産数が3000台少々と元々レアで少ないと思います。恐らく海外に逆戻りしている車が結構あると思われ、いまは欧米に比べれば日本はクラッシックメルセデスが最も安く買える国なのでこんな現象が起こっているとも言えます。

 W111クーペの程度良好な車はどこかの時点で誰かがお金を掛けて、今の状態があると思います。元の車両価格と同等、それ以上のコストを掛けてレストレーションされたオーナーが存在したからこそ良い車が後世に残り、引き継ぐオーナーはその恩恵にあずかる事が出来るわけです。ぜひ次のオーナーになる方にも、大切にお乗り頂きたいものです。

何時でも試乗可能ですのでご興味のある方は一度ご覧になってください。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:30 AM ~ 7:00 PM
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第451470004930号

カーセンサー

GOO ネット

Copyright © 2020  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.