\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

メルセデス・ベンツ 300TE

Information

年式:1990年
色:ブルー
内装:紺、モケット
走行:5 5 50000 50000キロ
検査:平成32年11月
ヤナセデイーラー車、右ハンドル、フルオリジナル

・Price  SOLD OUT

Description

メルセデスベンツ300TEをご紹介します。

ご存知、メルセデスW124型は1984年にデビューし、ミディアムクラスとして大ヒットしたモデル。セダン、ワゴン、カブリオレと様々なバリエーションが生産され、10年間に渡りメルセデスの主力モデルとして製造されました。

ご紹介するのはその中でも中心的グレードとなった300TEです。8年間あまり生産されたW124型は92年にマイナーェンジを受け、翌93年より排気量アップされたE320に変更されますが、現車は90年に製造されヤナセにより日本に輸入・販売された300TEの中期型となります。当時、既に人気のあったワゴンモデルで相当数輸入されましたが、その中の1台です。ソリッドのブルーも非常に珍しくとてもこのワゴンにマッチしているカラーが目を引きます。

エンジンはM102型、3.0L/6気筒で190馬力。今でこそ大したスペックではありませんが、当時は3Lクラスのエンジンとしては出色の出来で、スムース&パワフルなエンジンとして高性能を誇っていました。初期モデルにオイル漏れが良く見られましたが、この点も後に改善されました。
柔軟性に富み耐久性も十分で、オイル管理を正しく行なっていれば補器類のメンテナンスだけで20万キロでも30万キロでも使用できるエンジンだと思います。また大変静粛性もすぐれており現代車と比較しても遜色ないレベルです。

操縦性は常に安定しておりメルセデスらしい直進性に優れたハンドリング。いわゆる「エンジンより速いシャーシー」を備えています。リヤのマルチリンク式のサスペンションは、このW124型で新開発された方式で、いまでは世界中メーカーが同一の方式を取り入れています。乗用車としてのオーソドックスな機能の中にも新しいアイデアが積極的に採用されているモデルで、今でも古さを感じません。それより、乗ればのるほどメルセデスの凄さが発見できるクルマで、長く所有してこそ、初めてその良さが理解できると思います。

現車は右ハンドル仕様で、現在の走行距離5万キロ少々とワゴンモデルにしてはかなりの低走行です。内装のコンデションも良好です。パワーシートも装備されており自由度の高い調整が可能。他のメルセデス同様大人4人が乗車して、高速道路を楽に長距離移動が出来る車です。また、あくまで緊急用ですがサードシートも備えており、7人が乗車可能な仕様になっています。セダンモデルと比べてリヤサスにオートレベライザーが装備されてい点、やはり荷物を積む事を前提とした設計になっています。

このW124モデルですが、新車当時に私が本当に憧れた1台です。しかも洒落たワゴンモデルは一層魅力的に見えましたが、当時でも相当高価なクルマであり中古車ですら夢でした。
その思いは今でも変わらず、人生最後の1台とするならこのクルマかもしれません。後にようやく乗る機会を多く得て、様々な感動がありました。豪雨に高速走行中、危険な目に遭いこのクルマのお蔭で命拾いしたり、1日1600キロの長距離移動した際にはその疲労感の少なさに感動したり。
しかし、今ではヴィンテージカーの領域になり、ここまで程度の良いクルマは、昔のようにガンガン乗り回すのも気が引けますが。。

是非一度、現車をご覧になってください。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:30 AM ~ 7:00 PM
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第451470004930号
カーセンサー Goo ネット 名車館

Copyright © 2019  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.